viscosity




気体の粘性
気体の流れに速度差があると、ずりの抵抗が生じます。
中央の回転リングは、ωを調節して、左右の方向に回転させることができます。
灰色の線を横切った分子の数を数えますが、(->)の方向を正にとっています。
少し時間がかかりますが、回転リングの方向に流れが引きずられることがわかります。
リングの回転は気体に対して仕事をしていることになりますので、温度が上昇します。

inserted by FC2 system