grain stability of tungsten




多結晶タングステン粒界の安定性
電球のフィラメントなどに用いられるタングステンは粉末冶金法によって作製され、
たくさんの結晶が集まった、多結晶体です。タングステンは高温で使用されることが多く、
その結晶粒界が移動して、大きい結晶になろうとする傾向があります。
K(赤)をドープすると、W(青)結晶粒界にKが集まり、結晶が大きくなるのを妨げます。
Kが粒界にある時とない時に、3個のW微結晶はどうなるでしょうか?

inserted by FC2 system