tunnel effect




トンネル効果(量子力学)
有限な高さのポテンシャル障壁に衝突する波束の時間発展を計算します。
運動エネルギーがポテンシャル障壁より低い場合も、障壁を通り抜ける確率があります。
波束の波動関数Ψ(x,t)は複素関数ですので、|Ψ|^2をプロットしています。
時間に依存するschroedinger方程式の解となる波動関数の時間発展は
John L. Richardsonさんのアルゴリズムによって計算しています。
(ただし、Richardsonさんのcodeは使っていません。mikeが独自に書きました。)

inserted by FC2 system