incident flux Ar




入射Ar粒子束
箱の中にアルゴンを入れ、左側の壁をたたく分子を数えてみます。
粒子数と温度を設定して、countボタンを押すと、左側の壁に衝突した分子数を
100psの間カウントします。粒子数、温度とカウント数はどんな関係があるでしょうか?
箱は、一辺が6.8nmの立方体で、簡易的な3D表示として、奥の分子ほど小さくしています。
また、色(hue)でも、同じ深さのものが同じ色になるよう表現しています。
気体運動論によると、粒子束は (1/4) x 数密度n x 平均速度v になります。

inserted by FC2 system