radial distribution function 動径分布関数
動径分布関数とは、1つの分子から別の分子までの距離の分布を表した関数です。
右側のグラフが動径分布関数です。x軸は動径でフルスケールは20nmと2nmを選択してください。
y軸は0.1nmきざみ(20nm)または、0.01nmきざみ(2nm)の粒子の個数です。
箱は1辺が約6.8nmの立方体で、球の大きさで奥行き方向の位置を表しています。
mm(HN)さんのアドバイスにより、手前のほうが明るく、奥のほうが暗くなるようにしています。

inserted by FC2 system