dissociation model 解離のモデル
2原子分子の解離モデルです。孤立した原子同士がある距離まで接近すると、結合力が生まれ、
分子を形成します。結合した分子同士では近寄りすぎると反発力が少し離れると引力が作用します。
結合エネルギーQ(meV=0.001eV)は調節できます。(モデル分子で実在のものではありません)
温度は、速度スケーリングによって、設定温度になるように調節しています。
温度が高くなるほど解離する割り合いが増加します。
inserted by FC2 system