table function for SX1S 試行ポテンシャルの高速化 ver 0.0.2
SX-1S試行ポテンシャルのカットオフと表参照による高速化バージョンです。
Debye遮蔽のため、ポテンシャルが急速に0に近づくため、カットオフを適用できます。
(クーロンポテンシャルでは、カットオフ法は適用できません)
このポテンシャルで、アルカリ土類金属酸化物の格子定数をチェックしてみます。
実際の格子定数はMgO:4.21A,CaO:4.81A,SrO:5.16A,BaO:5.52Aです。
inserted by FC2 system