Please confirm Java of your browser.

(1385) adatom KMC2D 吸着原子 [ zip, source ]
動的モンテカルロKMC法(kinetic Monte-Carlo method)により、
吸着原子の2次元的な配置の時間変化を追跡します。
kTは温度、Qhopはホッピング、Qnbrは隣の原子により低下するエネルギーです。
KMCと表示はマルチスレッドで同時に実行されます。
(created 2008.10.11, last updated 2008.10.11)
inserted by FC2 system