W(FS) plus Morse atom タングステン+モース原子 ver 0.0.2
タングステンと他の原子が共存する場合のテンプレートとなるアプレットです。
W-W原子間には環境依存型のFSポテンシャル、Wと他の種類、他の種類の原子間には
Morse型のペアポテンシャルを適用しています。
タングステンの結晶はbcc構造で、表面が(100)面の立方体です。
inserted by FC2 system