fcc Al EAM アルミニウムの結晶(fcc)ver 0.0.2
Mishin*のポテンシャルをもちいて、アルミニウムのfcc結晶を構成しました。
*Y. Mishin; Phys. Rev. B65 224114 "Embedded-atom Potential for B2-NiAl"
Mishin*はembedded atom methodのポテンシャルとして次のような関数形を用いています。
ペアポテンシャル:一般化Morse型、Φ(r)=(DM(r,r0,α,q)+δ)ψ((r-rc)/h)、
電子密度関数ρ(r)=s[r^2 exp(-βr)+ε]ψ((r-rc)/h)、
埋め込み関数F(ρ)=a1*ρ+a2*ρ^2+a3*ρ^3、
(TABLE Iのパラメータ値とFIG. 1のΦ(r),F(ρ)が合わないため、FIG.1の方から
パラメータを決めなおしています。 q=1.0881,a1 = -7.33,a2 = 9.5,a3 = -3.77)
inserted by FC2 system