MgAl2O4 crystal スピネル構造
このMgAlO4結晶は、64個のMg^2+イオン、64x2個のAl^3+イオン、64x4個のO^2-イオンからなり、
SX1S試行ポテンシャルを用いて、スピネル構造を構成しています。a=0.81nmです。
イオンたちは、初期位置に不満があるようで、少し動いて、歪んだ位置で落ち着くようです。
SX1S試行ポテンシャルではスピネル構造を再現できないようです。
(周期的境界条件下で構成され、周期の長さは1.62nmです)
inserted by FC2 system