thermal stress of W(FS) periodic 熱膨脹による応力
立方体(周期的境界条件:一辺1.58nm)中のタングステンの温度変化による圧力の変化を観測します。
タングステンのヤング率403GPa、線膨張率4.5x10^-6(1/K)より、100Kから3100Kになったときの、
応力を計算すると、403x4.5x10^-6x(3100-100)〜5.4(GPa)となります。
シミュレーションでは、圧力P_realは、かなり小さな値(約半分)になってしまいます。
圧力P_realは、128回の移動平均をとっているため、かなり表示が遅れます。
inserted by FC2 system