(209) nano silica in the box 箱の中のナノシリカ粒
一辺が1.7nmの立方体の箱の中のシリカを観察します。はじめ、クリストバライトの配置から
出発しますが、電荷が片寄っているため、再配置し、静電エネルギを解放し超高温になります。
その後、壁の温度調節によって、ゆっくりと冷えていきます。温度調節バーを操作すると、
速度スケーリングによる温度コントロールがそのときだけかかるようにしています。
inserted by FC2 system