(215) spontaneous ignition model 自然発火のモデル
可燃物と酸素が共存していても低温では発火しませんが、高温になると、はげしい分子運動のため、
酸素分子が可燃物分子(ここではCa)に近づき、化学反応(酸化)が起こり、発火します。
ここでは、反応が起こるためのポテンシャルの山の高さを変え、反応の起こりやすさを見ます。
もちろん、実在の系ではありません。
inserted by FC2 system