(216) diffusion MCS 拡散現象のモンテカルロシミュレーション
分子動力学はns、nmの現象を追うのに都合がいいのですが、より長い時間、広い空間に
適用すると計算量が増大し、壁にぶつかってしまいます。たとえば、原子の拡散現象は、相互作用の
形によらず、ある確率で移動がおこると考えた場合と同様の分布になることが知られています。
このような場合、モンテカルロ法によるアプローチが効率のよい現象の模擬手段になることがあります。
ここでは、ランダムウォーク(酔歩)によって拡散現象をシミュレートします。
(拡散係数は D = dx^2/(4*dt)、dx、dtはそれぞれ空間と時間の刻み幅となります)
inserted by FC2 system