(226) diffusion 1D flux 1次元の拡散問題 - 導関数境界条件
濃度u(x,t)の拡散問題は∂u/∂t = D div(grad u)の放物型の微分方程式に従いますので、
初期の濃度分布があたえられると、差分近似によって、その時間発展を計算することができます。
ここでは、左右の境界の傾きが調節できるようにしています。
∂u(0,t)/∂x=left、∂u(N,t)/∂x=right、初期値はu(x,0)=0です。
inserted by FC2 system