(236) E-M wave in conductor fdtd 2D 抵抗体中の電磁波
抵抗体に電磁波があたると、電界成分により電流(j=σE)が流れ熱を発生して電磁波が減衰します。
抵抗体の抵抗が高いほど、同じ電界強度で消費されるエネルギ(E^2/ρ)が小さくなるため、
減衰が少なくてすみます。(絶縁体ではジュール熱による減衰はありませんが、
誘電体の分極の時間応答遅れによる誘電体損失がある場合があります)
このアプレットでは、一段高くなっている部分が抵抗体で、抵抗率が調節できます。
inserted by FC2 system