(241) anti reflection coating fdtd 2D 無反射(AR)コーティング
レンズなどの光学部品では表面反射を低減するため、無反射(AR)コーティングが行われます。
ガラスより屈折率の低い膜をおよそnd=1/4波長になるような厚みにつけます。1層の膜では、
特定の波長のみが無反射になります。段丘の中段は屈折率の低い膜n1、上段はガラスn2を表現します。
中段の膜の屈折率n1は調節でき、n1=1.0とすると、膜のないときの条件になります。
膜の有無によって、反射波の大きさ(Ezです。光強度はEz^2)がどう変わるか観察します。
inserted by FC2 system