(261) diffusion MCS 3D 拡散現象のモンテカルロシミュレーション3D
酔歩する多数(1024個)の粒子によって、箱の中の拡散現象をシミュレートします。
粒子は各ステップ毎に6方向(上下左右前後)に等確率で動こうとします。その位置に、
壁または他の粒子が存在する場合はもとの位置に留まります。左側の棒グラフは左右方向の
粒子の分布を表したものです。intervalは時間ステップの長さで、短いほど動きが速くなります。
(拡散係数は D = dx^2/(4*dt)、dx、dtはそれぞれ空間と時間の刻み幅となります)
inserted by FC2 system