(265) drift and diffusion MCS 3D ドリフトと拡散
ランダムウォーク(酔歩)によって拡散とドリフトの現象をシミュレートします(217の3D版です)。
酔歩では、上下、前後、左右に等確率で動きますが、右と左に動く確率が変わると高い確率の向きに
ドリフトしていきます。右向きに動く確率pを調節できます。左に動く確率は1-pです。
ドリフトによる粒子束が、濃度勾配による逆向きの拡散束とがつり合ったところで定常状態になります。
マウスドラッグで視点が変えられます。intervalは時間ステップの長さで、短いほど動きが速くなります。
inserted by FC2 system