(293) potential field MCS ポテンシャルと温度勾配があるときの拡散
ポテンシャルUがあると、平衡状態において、粒子はexp(-U/kT)に比例した存在確率を持つと考えられます。
この時、ある点における粒子の移動を、周囲のポテンシャルから計算される存在確率に比例して決めます。
また、温度Tと、動く確率Pの間には、P ∝ sqrt(T)の関係があるとしています。
温度が低いほど同じポテンシャル勾配でも粒子の偏りは大きくなります。
inserted by FC2 system