Please confirm Java of your browser.

(506) Gram Schmidt TDKS1D 波動関数の直交化 ver 0.0.2 [ zip, source ]
1次元ポテンシャルVext(x)=1.0*x^2 中の平行スピンを持った2電子系は2つの波動関数の空間部分が直交する
必要があります。初期に直交していると、時間発展しても直交性は維持されます。lossボタンを押すと、波束の
運動エネルギーを奪うため、波束の運動量の期待値<p>を求め、波束の位相をk=-<p>ずらします。この操作で
波束同士の直交性がくずれるため、Gram-Schmidtの直交化法で直交化させます。うまくlossボタンを押すと
系の定常状態が得られます。なお、初期状態で2つの波束を重ね合わせると、変に(直交化できなく)なります。
(created 2004.07.19, last updated 2007.12.29)
inserted by FC2 system