Please confirm Java of your browser.

(518) H2 molecule RSDFT 水素分子(実空間-密度汎関数法)ver 0.0.2 [ zip, source ]
実空間-密度汎関数法を用いてH2分子を構成します。R0とR1に原子核を配置し、系の全エネルギーEtotは
Etot = 1/|R0-R1|+ΣEi +∫(-0.5VH-0.25Vx+ec-Vc)ρ(r)dr から求めます。核間距離dppを変化させると、
dpp=1.5auのとき、 最小値Etot=-1.17auとなります。実測値はdpp=1.4au、Etot=-1.17auです。
(created 2004.08.21, last updated 2007.12.29)
inserted by FC2 system