Please confirm Java of your browser.

(606) electrons TDLDA2D 電子たち(2次元-時間依存DFT-LDA+spin) [ zip, source ]
時間依存-密度汎関数法-局所密度近似にスピン自由度を考慮し、5つの電子状態の変化を追跡します。
また、空の軌道(異なる空間部分を持つ軌道と、スピンのみ異なる軌道で、grid-iで薄青色表示)についても、
変化を追跡します。選択lossのt evolは時間発展のみ、t+SDは時間発展しながら最急降下SD法による損失、
t+SD+transは時間発展とSD損失に加えてエネルギーが最小になる電子の状態間遷移を許し、
SD+transは時間発展を止め、SD損失と電子の状態間遷移を許します。このとき系は基底状態に近づきます。
(created 2004.12.12, last updated 2007.12.23)
inserted by FC2 system