Please confirm Java of your browser.

(617) prediction FM3D 粒子の予測登録による高速化MD [ zip, source ]
モースポテンシャルの高速化アプレット(No.310)について、粒子登録法の改良により、さらに高速化しました。
粒子登録法は、近い粒子を表登録することにおり、力の計算量をorder(N)にする方法です。しかし、表登録には
order(N^2)の計算量が必要ですので、粒子数が多くなると表登録が律速します。そこで、粒子の位置と速度から、
経過時間内に近くなる可能性のある粒子を予測することで、表の有効期間を長くし、表登録の間隔を延ばします。
表登録の計算量はいくぶん増えますが、全体としては高速化します。8000個の粒子で約4倍高速化しています。
(created 2004.12.26, last updated 2007.12.24)
inserted by FC2 system