Please confirm Java of your browser.

(646) trial pseudochage ECD 偽電荷の作成 [ zip, source ]
正負の2つの一様電荷球(正球:半径R+,電荷Z、負球:半径R-,電荷-(Z-Zv))の重ね合わせにより、イオン芯の
偽電荷を作成します。イオン芯より外側では電荷Zvの作るポテンシャルと一致します。R+とR-は、原子半径と
イオン化エネルギーが実測値におよそ一致し、Vextがなるべく滑らかなように決めます。
(本アプレットの設定は未調節でAlのイオン芯の場合です:Z=13, Zv=3, R+=2.0, R-=2.3, dx=0.5)
(created 2005.01.12, last updated 2007.12.24)
inserted by FC2 system