Please confirm Java of your browser.

(677) cavity flow LB2D9V 正方キャビティ流 [ zip, source ]
2次元9速度の格子ボルツマン法により正方キャビティ流(y=Lでvx=vx0、3方は固定壁)の計算をします。
流速vx0と流体の動粘性係数nueを調節できます。緩和係数omegaが2に近くなると(nueが小さくなると)、
計算が不安定になり、発散することがあります。定常状態になるまで5000ステップほどかかります。
(created 2005.02.20, last updated 2007.12.23)
inserted by FC2 system