Please confirm Java of your browser.

(891) spinor Dirac1D 自由電子のディラック波束 ver 0.0.0 [ zip, source ]
自由電子に対する1次元のDirac方程式を差分法により解きます*)。4つのspinor成分は縦に実軸、
横に虚軸をとって曲線で表現しています。水色は存在確率です。
初期条件「ψ0成分はガウシアン波束、ψ1、ψ2、ψ3成分はいたるところ0」から出発します。
時間が経過すると、波束は2つに分裂し逆方向に進みます。(周期的境界条件を付けています)
*) Jeffrey Yepez; quant-ph/0210093 "An efficient and accurate algorithm for the Dirac equation"
(created 2006.01.22, last updated 2007.12.02)
inserted by FC2 system